ハクビシン対策

ハクビシンは日本では沖縄以外の地域に生息しているかわいらしい見た目の害獣です。見た目とは裏腹に攻撃的な性格です。頭が良く、環境への適応能力や学習能力が高いため人の住むエリアへも入ってきて農作物や住宅への被害も増えています。屋根裏や壁の隙間、倉庫などに住みつきやすく、夜行性の為よるになると行動を始めます。また噛みつかれたり引っかかれると感染症を引き起こす恐れもあるので注意が必要です。

主なハクビシン対策の流れ

ハクビシンが入り込んだ屋根裏や床下へフラッシュライト発生装置を設置してハクビシンの追い出しを行います。追い出し確認後、清掃・除菌を行い、侵入経路をネット・パンチングメタルで遮閉工事を行い再発を防止します。

フラッシュライト.jpg

フラッシュライト発生装置

DSCF9932.jpg

パンチングメタル