コウモリ対策

日本のどこにでも生息するコウモリはアブラコウモリ(イエコウモリ)という体長5㎝ほどの小さいコウモリです。
アブラコウモリは家屋のわずかな隙間に住みつき、大量の糞尿が天井や壁のシミ・腐敗を引き起こし建物の老朽化を促進させ、糞の影響でダニや悪臭を発生させ、人体にもアレルギーなどの症状を引き起こす可能性もあります。

また、夜行性のため夜中の羽ばたきや鳴き声による騒音も引き起こします。

主なコウモリ対策の流れ

建物の隙間などから屋根裏などに住みつくため、まず超音波発生装置をしばらく設置してコウモリを追い出します。​コウモリの追い出しを確認しましたら清掃・除菌後、コウモリの侵入経路をネットやパンチングメタルで遮閉工事をして被害の再発を防ぎます。

超音波発生装置